着物を高く買い取ってもらう方法

着物の高額買収の原則とコツ

原則については、種類・サイズ・作者・産地をチェックしましょう。まず生地の種類において、正絹は高額査定の対象になりますがウールや化学繊維はその対象になることはありません。また、正絹は匁が大きいほど高額査定になります。着物の種類については、訪問着が最も高く買収されやすく、振袖、紬、留め袖、小紋、帯の順で高額査定が出やすいです。次にサイズについて、小さすぎるものや大きすぎるものは買い手がつきにくくて高額買収されませんが、誰でも着られるサイズに仕立て直しができるものなら問題ありません。そして作者においては、人間国宝、工芸会、有名作家、老舗呉服屋の仕立物などが高額査定の対象になります。最後に、産地によっても高くなりますが、人気のない色や柄であれば査定額は低くなりがちです。尚、高い値がつきやすい産地は、加賀友禅、京友禅、越後上布、丹波布、結城紬などです。

最後にコツについて、ほぼ買い手がつかない古い着物や無名の着物はグローバルな販路を持つ店に出しましょう。グローバルな販路を持たない店と比べて買い取り額に差が出るからです。

買収査定に出す前に保存状態と証紙をチェックしよう

まず当然ですが、どんなに良い着物でも箪笥の肥やしにしていればシミや色あせが発生し、査定額が大きく下がってしまいます。
新品や仕付けが付いた未着用のものなど、着用回数が少ない着物ほど高額査定になります。一般的には、10年以内の着物ならどこの買取店も高く買い取ってくれます。また10年以上前の着物でも有名作家の作品なら高額査定になることもあります。そして多少新しくても、カビ、虫食い、汚れ、シミ、色落ちがあれば高額査定にならないので、普段から取り扱いに注意しましょう。また絹の場合は、丁寧に保管していても経年劣化によって裏地が褐色になったり、金銀彩、箔が変色するので、着る機会がないなら劣化する前に早めに査定に出しましょう。

そして証紙の有無で着物の査定額は大きく変わってしまいます。査定に出す前に必ず同梱しましょう。
証紙は織物工業組合が発行しており、たいていは共にたとう紙の中にあります。見あたらない場合はそこから探してみましょう。

© Copyright Womens Kimono.All Rights Reserved.