着物を売るなら知っておきたい事

買取店によっても違う査定額

着物を売る時には、初めてでは気づかないこともいろいろあります。やってしまいがちなのは、相場より安いところで売ってしまうことです。そして、買取業者によっては買取可能かどうかの基準がやや違うことも覚えておきましょう。
自分が本当に売りたい着物を確実に売るには、2つ以上の買取業者に査定してもらうことです。WEBなどの案内を読んでみるとほとんどの所では「作家物」や「訪問着」など一般的に高価なものは高額買取といった印象を受けます。しかし、実際はA社では5000円だった訪問着がB社では買取不可ということが実際にあるのです。これは業者によっても力を入れている物が違うという理由もあります。
買取は査定に納得出来なければキャンセルも可能なので、売りたい着物の買取に納得出来なければ別の業者にも見せてみましょう。そして、最終的に良い金額を出してくれた所にお願いするのが上手な売り方です。

季節や時期によっても変わる価格

そして、これは服のリサイクルなどもそうですが、売る時期やタイミングも査定額に大きく反映されます。
例えば真夏に秋冬の柄の訪問着や袷などを出しても比較的安い金額になってしまうことは珍しくありません。これは、査定の際に高値で売りやすい時期を親切に指摘してくれる業者もいるので、そういった所に任せるのも良い売り方です。
また、着物でもゆるやかな流行があります。これは柄もそうですが、例えば羽織の人気が上がったり、黒など濃い色合いの着物や帯が流行るということが、その時期によってあるのです。流行に沿った着物や小物は当然ながらどこの買取業者も力を入れています。これを上手に利用して、出来る限り良い条件で売りましょう。

© Copyright Womens Kimono.All Rights Reserved.